救急救命士の任務と救急車の装備を解説!一般救急車、高規格救急車などなど!いずれにせよ乗りたくない!


スポンサーリンク

cropped-kyukyubana.jpg

救急車救急隊員が臨場で使用し、患者の搬送に使用する緊急車両です。道交法で救急車は白色と定められており、黄色い救急車はありません。ただし、自衛隊では緑色の救急車を配備しています。

現在主流になっている高規格救急車と呼ばれる車両では車体価格が約2千万円で、救命装備を含めると合計で2700万円程度と非常に高価です。

救急隊員の業務と役割

0-95救急隊とは救急課程研修を行い救急隊員の資格を持った隊長・隊員と機関員の3名で構成される部隊です。

救急隊員は必ずしも、救急救命士の資格を持っているとは限らず、全国の消防では救急車に最低1名の救急救命士を乗車させることを目標としています。

地方では救急隊と消防隊を兼務していることも多くあります。

これまでは救急隊員の任務はあくまで限定的なものであり、極端に言えば、救急隊はそのまま患者やけが人を病院へ迅速に搬送するだけが任務でした。

しかし、救命率を上げるために法改正が行われ、救急隊員の医療行為を認めることとなりました。

ただし、このような医療行為は救急隊員の中でも救急救命士の資格を所持した隊員のみが許されているものであり、医師の指導の下で行わなければなりません。

救急隊員に許可される主な医療行為には心肺停止状態の傷病者に対する静脈路確保および気管挿管、それに薬剤投与も可能になっています。

このように、救命士の資格者である救急隊員の場合は医師の指示下で医療行為を行う事の許された医療従事者と言えるでしょう。

救急救命士は国家資格であり、救急救命士になりたい場合は専門のコースのある大学または専門学校にて履修し、国家試験を受験し、合格すれば救急救命士の資格が与えられます。

もちろん、そこから消防の救急隊員として採用されるためには消防の行う採用試験に合格することが必要になります。

消防署の中に編成されている救急隊員はもっぱら救急救命士で構成されていますが、救急隊員自体も消防士であり、消防職員採用試験で採用された消防吏員です。

また、救急救命士の国家資格を取得していなくても消防に採用後、消防の中で救急救命士の資格を取り、救急隊員になるという道もあります。

消防署の救命士は一般の公務員採用試験に準じた問題が出題され、市販の消防例題集で対応ができますが、10倍以上の狭き門を潜り抜けるには公務員試験予備校へ通うことが必須になっているのが実情です。

予備校では筆記だけでなく面接など試験対策全般について学べるのが利点です。

また消防士の採用試験は自衛隊と違って体力試験が課せられているのが特徴で、体力のない人やスポーツの出来ない人は難しいと言わざるを得ません。

ただ、体力試験と言っても腕立て伏せなど一般的なものです。
スポンサーリンク

採用試験合格後は、消防学校へ入校し、基礎訓練を受けることになります。

Saitamakennanseibu-himedic

救急車の搭載装備各種

実は救急車にも救助工具が搭載されており、救助用のバールや手斧、レスキューハンマーが側面の張り出し部分に収納されて積載されています。

レスキュー隊が例え来なくても救急隊である程度の救助活動が行るように工夫されています。

えっ?誰がそれを使うのって?もちろん救急隊員がやります。消防士ですから。

また、当然妊婦さんの急な出産にも対応しなければなりませんから、分娩用キットも搭載されています。

775px-Ambulance-interior

あまりお世話になりたくない車内。

ほかにもある!特殊救急車の数々


Superambulance-fuso

その巨大さが圧巻の東京消防庁に配備されている超大型救急車「スーパーアンビュランス」は大規模な災害や事故時に出動します。
SuperAmbulance2

救急患者を搬送するだけでなく、車体後部のキャビンを左右に拡張し、現場で即席の救護所として展開することができる特別な救急車です。
Paramedic

感染症患者を隔離搬送が可能な救急車

昨今話題になったエボラ感染熱。日本でも海外渡航者が高熱を出してエボラの感染を疑われ、パトカーの先導によって救急車に乗せられ検査機関へ搬送される場面がテレビで流れました。

このような場合に活躍するのが、東京消防庁などに配備される、感染症患者搬送用カプセル型ストレッチャー(アイソレータ)が後部ドアから油圧式昇降装置(リフト)を利用し積載できる救急車です。

感染防止対策として運転室と傷病者室の間を隔壁により完全分離した特別仕様です。

このような感染症対策救急車救急隊員もまた、特別な防護スーツを着て乗務します。

民間企業にも救急車がある

なお、自衛隊にも救急車があるほか、東京都の精神保健用救急車(黄色ではありません)や法務省の刑務所でも受刑者用に救急車が配備されています。

また、民間企業でも例えばディズニーランドなどが客の搬送のために独自の救急車を配備しています。

もちろん消防の救急車同様、緊急車両指定を受けているのでサイレンと赤色灯を装備し、緊急走行が可能です。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする