日本の消防組織もかなり複雑な発展の歴史をたどります。

警察のなかに消防本部が設置され、警察が消防業を兼務していた明治時代

江戸時代に名をはせた定火消や大名火消は、明治近代以降は廃止され、代わりに作られたのが、「火災予防組合」、さらに直接消火活動に当たる者が中心となった「消防組」です。明治維新に伴い、町火消は東京府(現在の東京都)に移管され、明治3年になると東京府は消防局を設置することとなり明治5年(1872年)「消防組」に改組されました。このころの消防事務は、東京府、司法省警保寮(のちの内務省)、東京警視庁などと所管が転々としましたが、明治14年(1881年)以降は、警察、消防の事務がいっさい東京警視庁に移行され、これが明治時代の消防の基礎となりました。

 

スポンサーリンク

 

しかし、まだ全国的には公設の消防組は少なく、ほとんどが自治組織としての私設消防組であり、それも名前だけというのが多かったのが実情でした。そこで政府は、消防制度を全国的に整備し、より効率的な消防組織を育成するため、明治27年(1894年)に勅令で「消防組規則」を制定しました、これにより、消防組は知事の警察権に入ることとなり、市町村の負担で運営費が捻出されました。そして、ようやく消防車といった近代的な消防用具がそろい始めました。しかし、配備されたのは都会が多く、農村部などでは竜吐水、腕用ポンプによる消火方法が主でした。このころの火災原因は風呂煙突からの飛び火などが多かったようです。

大正時代の消防

明治時代に基礎が作られた近代消防は、消防組織として運営されながらも、警察の補助という役割も与えられ、まさに警察予備隊ともいうべき活動もしていました。しかし、まだまだ、全国的には公設消防よりも私設消防が多く、常設の消防組織は、東京と大阪にあるのみでした。そこで、大正8年(1919年)勅令「特設消防署規程」により京都市、神戸市、名古屋市、横浜市の4都市にも公設消防署が設置されました。

昭和時代(戦前) の消防

時代が昭和に入ると、少しばかり近代化が目立ち始めてきました。第二次世界大戦の勃発による日本国内および、国際情勢の変化に際し、都道府県の各都市に矢継ぎ早に公設消防署が設置されました。さらに、、消防本来の消火という任務にプラスされる形で、新たに「防空任務」が加えられることになったのです。かくして、昭和14年(1939年)、勅令「警防団令」により、消防組は「警防団」と名称を変え、防空のための監視や空襲時の救助といった任務も担うことになったのでした。

警察の管轄にあった警防団とは

第二次大戦中の昭和14年に、各地域の消防や防空目的で組織された民間組織で、現在の消防団の前身組織と言えます。防空とは、高い山の上で米軍機の襲来を警戒する任務です。そのほかにも防護団という同種の公立の組織があり、これが統合される形で警防団になり昭和14年(1939)設立され、終戦後の同22年に廃止され、消防団が設立されるまで、地域の防災を担いました。警防員の任命は所轄の警察署長が行っており、団本部も警察署内に置かれ、実質的に警防団は警察の管轄下にありました。

やってきたぜ!森田式ガソリンポンプ10馬力!

そのころ、北海道の雨竜では昭和10年8月28日に追分が中心となって周辺の中島火災予防組合、面白内救護組合、第5区火防会、洲本火防会が相談し、私設追分火防組合が組織されました。消火用の道具としては手押しポンプ3台のみと心もとないものでしたが、翌11月9日に森田式ガソリンポンプ10馬力を購入し、同地区にも機械力が導入されることになりました。 同年11月29日には追分消防組と改称し、消火体制の充実が期待されました。

終戦後は消防と警察は完全分離され、独自の消防組織として新たに発足した。

戦後、警察と消防を分離しようとしたのはアメリカ当局であり、アメリカの助言を受けた日本政府は警察と消防を完全に分離しました。昭和22年12月23日「消防組織法」が制定され、自冶体消防として市町村が、消防本部消防署、消防団を設置することになりました。このようにして今日の純然たる消防組織ができあがったわけです。

典拠元

http://www.nissho.or.jp/contents/static/syouboudan/rekishi.html

雨竜消防団の歴史

滝川消防団の歴史


スポンサーリンク