執務服の上に防火服を着て緊急出動!消防士の仕事服各種!

オレンジ色の救助服を着用する救助隊員

消防吏員にはもちろん、警察官のようにパリっとしたブレザーが支給されています。

でも、消防吏員は警察官と違ってその任務の特殊性から、ブレザー型の制服で業務を行うことはそう多くありません。

普段の消防吏員のほとんどは執務服という紺色の作業服のような服装にて勤務しており、常に火災などの出動のために備えています。

スポンサーリンク

そして、ひとたび出動指令がかかれば、執務服の上に防火服を着て出動します。

0-26

消防士といえば、火災などの現場で活動することが多いことから、防火服やレスキュー隊のオレンジ色のオーバーオールを着用する場合がほとんどです。

正式な制服を着る場合は防火指導や査察などの警防活動時、それに式典(出初式など)の時です。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする