消防法ってなあに?

火災を予防するために制定された法律です

0-86消防法とは火災を予防し、警戒し及び鎮圧し、国民の生命、身体及び財産を火災から保護するとともに、火災又は地震等の災害に因る被害を軽減し、もつて安寧秩序を保持し、社会公共の福祉の増進に資すること(1条)を目的とする法律です。

また、政府の気分次第では「灯油を買い占めた者」に対して警察を動かし、見せしめで逮捕することもあります。

消防法違反があると消防署警察に告発を行う

北九州市消防局は2014年12月、市内にある「丸源ビル」2棟が防火設備の改善命令に従わないとして消防法違反の疑いでビルの川本源司郎オーナーと川本オーナーが代表取締役を務める貸しビル会社「丸源」(東京)を小倉北署に告発しました。

同消防局は長期間にわたり改善を要請したのに従わなかったことが告発の理由のようです。

典拠元 http://www.sankei.com/smp/west/news/141 217/wst1412170047-s.html


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする