空港における消防活動とは。空港では民間業者なども消防任務に就く

空港では民間業者なども消防任務に就く

日本を代表する巨大空港、羽田空港や成田空港、関西国際空港といった空港はもちろん、民間で運営されている空港です。これらの空港では主に警備会社が主体となって、空港の消防業務を担っています。

こういった空港消防職員の訓練は航空保安協会という民間の団体が委託を受けて訓練を行っています。

TFD8-CC

航空機の火災に対応するため大型の化学消防車が配備されています。

一方で自衛隊が管理する共用空港については自衛隊の消防隊が任務に就いています。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする